日本の素材と京の匠

着物の文化とともに発展してきた日本の美意識。創業者の意思を継ぐ図案、デザインへのこだわり。一筋に絹という素材に向き合い続けてきた経験。それぞれの表現に特化し、技術を磨き続けている京都の職人たち。伊と幸のものづくりはこうして支えられています。