施工例 Works

Works

JR西日本 VIA INN様DeluxTwin/Triple

JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple
  • JR西日本 VIA INN様 DeluxTwin/Triple

ヴィアイン京都駅八条口様
金彩アートの絹ガラス【桜 紅葉に檜扇】を、デラックスツインとトリプルルームのヘッドボードに、アクセントパネルとしてご採用頂きました。
ベースの絹織物は、緯糸に紬糸を織り込んだ「霞絹」を使用。着物と同様に、刷毛で手染めする引き染め技法で、墨色に染めた後、金彩工芸で描くアート表現です。
檜扇(ひおうぎ)は、宮中で用いられる檜づくりの扇です。
この檜扇をモチーフに社内図案家が意匠化し、春の桜と秋の紅葉を流水文様の水面に浮かべ、奥行きと流れのある構図にデザイン。グレード感のある高貴な雰囲気を意識しており、丁寧な合わせガラス加工により、極上のアートパネルとして仕上げました。

シングルルーム【月と霞】ダブルツイン【切箔散らし】スーペリアツインとデラックスダブル【源氏香】と合わせて、ヘッドボード付き客室432室の全室に、一点ものの「金彩アートの絹ガラス」を総枚数981枚ご導入頂きました。
伝統工芸士の中でも「京の名工」が手掛けた伝統の手技が、現代空間で生きており、間接照明に浮かび上がる豪華さと本物ゆえの品格をご堪能頂きたいと思います。

Back to the List